感謝 慎み たすけあい ・・・ さつきほいくえん

コロナ対策

令和3年9月30日更新

新型コロナウィルス感染症対策

緊急事態宣言の期限再延長に伴う認可保育園の対応について

 日頃から、皐月保育園の活動の上に御理解、御協力を賜り誠にありがとうございます。

 この度、政府は、新型コロナウイルス対応で東京都を含む19都道府県に発令している緊急事態宣言について、期限の9月30日ですべて解除することを正式決定しました。これを受け、市内保育施設は、通常どおり運営しますが、未だ新型コロナウイルスの感染は続き、多くの専門家が感染再拡大の第六波を予測していることから、保護者の皆様におかれましては、保育施設の感染対策のため、下記事項について引き続き御協力のほどよろしくお願いいたします。

1 園内での感染拡大防止のために

(1) 登園に際して
ア 登園前に園児の体温を計測し、発熱や呼吸器症状等の症状がみられる場合は、 登園を見合わせていただくようお願いします。過去に発熱等が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは、同様の取扱いをお願いします。
イ 園児の同居家族に発熱や呼吸器症状などの症状がある場合は、可能な範囲で園児の登園を控えていただくよう御協力をお願いします。
ただし、発熱や呼吸器症状等が、新型コロナウイルスによるものではないと医師が判断した場合は、この限りではありません。(園に御相談ください。)

(2) 同居家族等がPCR検査を受ける又は濃厚接触者と指定された場合
速やかに在籍園に情報提供をお願いするとともに、少しでも園内での感染拡大を防止するため、この状況が判明した段階で登園を見合わす又は早退していただくようお願いします。
仮に園児が感染した場合、その園児の最終登園日やその状況によって、施設の休園の必要性及びその日数が決まります。

2 感染又は濃厚接触者と判定された場合に、園にお伝えいただきたい情報

(1) 園児又は同居の家族等が感染した場合
ア 感染判明までの経緯(感染判明日・PCR検査日・症状が出始めた日等)
イ 所管の保健所
ウ 現在の状況(熱や咳等の症状の有無、入院、自宅療養等)
エ 他の同居の家族等の症状
オ その他、園への感染に関係しそうな情報

(2) 園児又は同居の家族等が濃厚接触者と判定された場合
ア 濃厚接触者と判定されるまでの経緯(判定日・誰の感染によるものか等)
イ 所管の保健所
ウ PCR検査の予定の有無
エ 本人の現在の症状(熱、咳等)の有無
オ その他、園への感染に関係しそうな情報

3 行事について

毎年定例的に行っている園行事についても、園毎に施設や人的状況を考慮し、 実施を見送る又は形状を変えて実施するなどの対応を行う場合がありますが、園内での感染拡大防止を目的とした取組であることを御理解くださいますようお願いします。

4 保育料・副食費
緊急事態宣言が解除されたことに伴い、10月1日以降は、お休みした分の保育料及び副食費の減額は行いません。
ただし、保育施設内において、新型コロナウイルスの感染者が発生したことに伴い、臨時休園を実施した場合は、その日数に応じて減額します。

以上

その他

 引き続き保護者の皆様におかれましては、体調管理及び感染症対策を徹底していただくとともに、お子様の体調が少しでも悪い場合は、保育園をお休みしていただき、併せて園への連絡の御協力をお願いします。厚生労働省事務連絡「保育所等における感染拡大防止のための留意点(第二報)」に基づき保育をお断りすることもありますので、ご了承下さい。

また、園児や保護者、その他同居の家族の感染が確認、又は濃厚接触者と指定された場合は、速やかに園に御連絡いただきますよう、重ねてよろしくお願いいたします。

一時預かり・もも組は、利用家庭にも感染対策を十分施してもらう事を前提として利用が可能となります。なお、ご家庭やお子様の周りに感染者等がおり預け先がないなどの理由での利用はできません。ご了承下さい。【コロナ禍での一時預かり利用に関わる留意事項

※各種行事については最新ニュースをご覧ください。

※登園・来園の際は必ず検温し、少しでも体調に異変があれば登園・来園を自粛して下さい。

※発熱や体調不良が認められる場合は、登園・来園をお断りする場合がございます。

※登園に際しては大人も子どもと同様に検温を必ず行って下さい

今後の状況により、変更が生じる場合がございますのでご了承下さい。

ご不便をお掛け致しますが、御理解と御協力を賜りますようお願い申しあげます。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional